この記事は約 2 分で読めます ( 約 795 文字 )

この記事の最終更新日は 2018年8月21日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

ワキガを治すのに切らないで済む方法は無いのかな?出来れば手術無しで済ませたい・・・そう考えてる人は多いと思います。

 

私も悩んでいた時はずっと「あ~ワキを切るしか無いのかな(。>_<。)」って考えていました。

ワキガを治すのに切らないで済む方法ないかなと悩んでました。

 

保険内で手術とすれば・・・切るしかない。

ワキガを切る治療=ワキを3cmぐらい切ってアポクリン腺を確実に切除する手術は剪除法(せんじょうほう)って言うのですが、効果は高くてもこの方法だと傷跡が残ってしまうんですよね 費用は3万~5万ぐらい

 

切らない治療法となると、保険は適用されません。保険適応外の治療になると人気のあるペアドライ(ワキガも多汗症も両方ある人向け)両ワキ30万円ぐらいかかります。

※ワキガの場所が違うと金額も変わる すそが、チチガ、耳の裏

 

 

切らないワキガ治療法

 

それでも治療してみたい!という人は切らないワキガ手術をしてくれるクリニックの中で最新の機械を投入してる医院を選ぶといいでしょう。

 

カウンセリングでしっかりと話を聞いてもらって、リスクなど十分に納得した上で決めるのが良いと思います。

ちょっと口コミが気になったワキガ治療のクリニック
切らなくても針で刺す場合痛みが伴う事もあって、麻酔が必要との口コミも見つけました。麻酔が切れると痛いという話や術後の話が怖かった。
参照:Googleさんのレビュー【すそわきが対策としてペアドライを行った感想

 

わたしの場合、「切らなくてもやっぱり怖い・・・(。>_<。)」と、思ってしまったのでクリームでワキガ対策をする事にしました。

※30万かけても100%臭いがしなくなるという話をあまり聞かなかった為

 

▼ワキガ専用クリーム2つを実際に使ってみて、比較して最終的に決めた記事

 

今は朝から夜までまったく気にならなくなった(旦那から臭いと言われなくなった)ので、ワキガ専用のクリームをひとまず使って良かったなーって思っていまず゙(^ー^)゙