この記事は約 2 分で読めます ( 約 649 文字 )

この記事の最終更新日は 2018年4月13日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

超音波によるわきが治療

超音波によるわきが治療

病院でもわきがの治療を受けることができるようになっていますが、その場合は手術を受ける方法か超音波吸引法と呼ばれる方法の治療がメインとなるので、それぞれの治療方法によるメリットやデメリットを総合的に考えた上で治療方法を選ぶようにしましょう。

>>10秒で消臭!ワキガ対策専用クリーム【クリアネオ】

 

わきが治療手術

手術による治療はわきがの原因となっているアポクリン線を除去するというもので、これによって臭いの原因が直接的に取り除かれるため、効果という面で見ると非常に高い効果が期待できるのですが、手術を受けるということで傷跡がかなり残る場合があるのと、皮膚が著しく変色してしまうなどのデメリットもあるので注意が必要となります。

 

一方で、超音波による治療は超音波を使ってアポクリン線とエクリン線をつぶすため、手術をする場合と違って手術痕が残らないというメリットや皮膚に対してのダメージが少ないというメリットがありますが、手術をする場合に見られる施術箇所の色素沈着に関しても目立たないという特徴があります。

 

超音波による治療

超音波による治療方法でわきがの治療をする場合は保険の適用となるので支払う負担が少ないというメリットがあり、費用を抑えて治療をしたい場合にもおすすめとなりますが、費用については5万円程度で可能なところもあります。

 

多汗症の治療

ただし、多汗症の治療方法については超音波を使った治療は不向きになっており、場合によってはアポクリン線やエクリン線が復活することもあるので、こうなると再び臭いが出ます。

タグ