この記事は約 2 分で読めます ( 約 661 文字 )

この記事の最終更新日は 2018年4月13日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

わきがは殺菌習慣をつける

わきがは殺菌習慣をつける

わきがはアポクリン線から分泌される汗が主要因となって起こる強烈な臭いですが、汗の臭いそのものはそこまで強くない場合が多く、その汗がわきに付着した状態が続く場合や衣類のわきに付いてしまうことで、その部分に雑菌が繁殖するようになりそれが理由となって臭いが出るようになります。

>>10秒で消臭!ワキガ対策専用クリーム【クリアネオ】

 

衣類の交換が有効

そのため、汗の分泌を抑えるということも大切ですが、それよりも汗が付着してしまう衣類の素材などが重要となり、定期的な衣類の交換というのが対策として有効になってくるのですが、それ以前に雑菌が繁殖をすることを抑えることによって臭いを抑えるという方法もあります。

 

わきが対策において要は雑菌が繁殖しなければ良いわけなので、わきの部分で雑菌が繁殖しないようにするというのも方法の一つですが、そのためにはアルコールによる消毒が有効となっていて、アルコールには強い殺菌力があるので臭いの原因となる菌を除去することが可能となります。

 

ウェットティッシュの効果

アルコールが含まれているウェットティッシュなどを使用することによって臭いの軽減が期待できますが、殺菌をしても汗が出ると再び雑菌が繁殖するようになるので、効果については数時間程度となります。

 

アルコール殺菌の注意点

また、アルコールの成分は肌にとって刺激が強いため、場合によっては肌荒れの原因になってしまうこともあるので注意する必要があります。
そのため、肌荒れしてしまった場合はアルコール殺菌の使用を止めて、他のわきが対策を考える必要があります。